本サイトの使い方

  • 最初に重要なポイントを提示します。ラブホテルに誘い込めない理由は、
    前提となる発想が異なっている場合が多いので、その発想のターニングポイントを記します。
    その上で、よくやってしまいがちな失敗例を1つ提示します。
    何が悪かったのか、何が良かったのかを改めて確認した上で、もう1回ケーススタディーに取り組みます。
    成功例ですね。最後は振り返りです。
  • もちろん、その成功例をそのまま機械的に使えばラブホテルに連れて行けるというわけではありません。
    この言葉を言えば、この場所に連れ出せば、食事中にこんなゲームを
    すれば女の子を連れ込めるといった、小手先のテクニックを紹介しているわけではありません。
    当サイトはむしろ、そう言った小手先のテクニックとは距離を置いています。
  • 女性とのコミュニケーションをどうやって深めていくのか、
    そう言った基本的な部分を本サイトで学んでください。恐らく一回では身に付かないと思います。
    ですから今夜は女性をラブホテルに誘いたいと思ったら、
    出発の前に、あるいは移動中のスマホで、何度も復習をしていただければと思います。
  • ラブホテルに誘うためには、その場その場で女の子の気持ちを察しながら、
    柔軟にアドリブを利かせていかなければなりません。
    そのためには、小手先のテクニックではなくて、もっと根本的なコミュニケーションを学ぶ必要があります。
  • 男の人は、女の子の前で自分を語りたがりますし、女の子の話に助言や駄目だし、
    アドバイスを与えてしまいがちです。自分の問題解決能力を示したり、
    自分が頼れる「有能な」人間であると暗に示したりするために、
    助言やアドバイスを通じて格好付けてしまうのですね。
    そうした男子の習性がいかにラブホテルへの連れ込みを困難にしているか、
    改めて気付いていただければと思います。
  • 仮に取り上げているシチュエーションが今夜のあなたに関係ないという場合でも、
    できれば最初から順番に読んでいただければと思います。

ラブホテルに誘うまえに

  • 発想のターニングポイント 当たって砕けても死にはしない
  • ある晴れた春の日、お城のある公園のベンチでパンを食べながら日光浴をしていました。 足下にはハトが集まり、そのハトは僕の食べているパンのおこぼれをもらおうとうろうろしています。 その中に1羽、ものすごく熱心な雄(おす)のハトが居ました。 僕の投げ与えるパンにも目をくれず、体を膨らませて雌(めす)のハトを追いかけています。
  • 僕は詳しくハトの求愛行動を知りませんが、恐らくあの行動は求愛の動作だったのでしょう。
    胸を大きく反らし、羽根を心持ち膨らませて、
    喉の奥で何か音を鳴らしながら雌を追い掛けていました。
    とは言え、余り人気のない雄みたいです。いろいろな雌に逃げられていました。
    しかしその雄は、ある雌に逃げられても、今度は気持ちを切り替えて、別の雌に求愛行動を始めます。
    見えもへったくれもありません。
  • 最初は興味本位でその雄を眺めていました。こっけいだなと、笑いもしました。
    本当にいろいろな雌に逃げられているからです。それでも僕がパンを食べ終えて、お茶を飲み、
    そろそろ立ち上がろうかなと思ったころ、その雄のハトは雌を口説けたようです。
    雌に乗っかって、子孫繁栄にいそしんでいました。
  • 僕は公園を離れて町を歩き始めたのですが、
  • 「そうか!」
  • と、歩きながらひらめきました。ある種の啓示でした。
  • 「断られてもいいじゃないか」
  • 僕の心に浮かんだ決意です。僕もあの雄のハトと同じく、
    健全な性欲とペニスを抱えた男子です。
    できれば1人でも多く、女の子をラブホテルに誘いたいのです。
    しかし、僕は常に、
  • 「断られたらどうしよう」
  • という不安が先に来て、気になった女の子をラブホテルに誘えない人生を歩んでいました。
  • 読者の皆さん、最初の発想のターニングポイントを共有させてください。
  • 当たって砕けても死にはしない
  • 基本的に、誘っても断られるという前提で、前に出てみませんか?
  • 「Learn to love No」
  • の精神です。Noを愛せるような人になりましょう。
    「やった! 今月は30人の女の子に断られた!」と、Noの数を自慢できるくらいの男に、
    一緒になりましょう。全てはそこからスタートします。
  • このサイトでは、いかにして女の子をラブホテルに誘うのか、
    僕の体験を交えてお教えしたいと思います。
    ですが、全てのコミュニケーションスキルは使わなければ意味がありません。
    やはり、断られても前に出るという姿勢が、全ての技術に先んじて重要なのです。
  • 皆さん、健全な性欲とペニスを抱えているうちは、できるだけ使った方がいいです。
    右手が恋人のあなたも、このサイトを読んで実践し、右手を使う暇もないくらいペニスを酷使しましょう。