2013年7月30日アーカイブ

元カノとラブホテル!

| コメント(0) | トラックバック(0)

元カノとラブホテル!

 

発想のターニングポイント

どうせ下心は見抜かれている

 

いい悪いは別として、元カノは性の相性が分かっているので、時々思い出して呼び出したくなってしまいます。いかがですか?

 

恋人の数だけ分かれ方もありますし、状況もそれぞれだと思います。それでも、仮にどちらにも気持ちが残っていないようなら、別に連絡をしても構わないと思います。あなたに恋人が居ないなら、なおさらです。何しろこのサイトは倫理を論じる場ではなく、いかに女性をラブホテルに連れ込むかを考えているわけです。ある意味で、元カノほどラブホテルに連れ込みやすい相手は居ないと考えてください。

 

明日のための改善点

元カノほど、ある意味でラブホテルに誘いやすい女の子は居ない

 

では実際、どうやって誘い出せばいいのでしょうか? スタートは簡単です。

 

「元気? 久々にご飯でも食べに行かない?」

 

というメールを送ってください。はっきりと言いますが男性の皆さん、元カノに対してご飯でも食べに行かない? とメールを送った時点で、9割の女性はあなたの下心を見抜いています。最初から見抜かれているのですから、下手に小細工をろうする必要はありません。ここに発想のターニングポイントがあります。

 

発想のターニングポイント

元カノにメールを送った時点で、相手には下心が90%以上の確率で見抜かれている。いろいろ小細工をするのではなく、当たって砕けろでとにかくメールを送ってみる。

 

その後はどうするのでしょうか? 簡単です。何でもいいので返信があれば脈有りと考えてください。勘違いでもいいです。時としてセールスも男女関係も、前向きな勘違いが大きな成功を招きます。全くあなたに興味のない元カノは返信すらしません。返信を送ってきた時点で、何らかの心が動いているはずです。返信が来たら日にちを設定して、食事を共にしましょう。

 

明日のための改善点

内容にかかわらず、返信=脈有りと勝手に思い込む

 

しかし、久々の再会はよほど注意をしないと、昔のようにけんかしてしまうかもしれません。最初のメールは大胆にして構いませんが、実際に会うときは慎重になってください。そうでないと、せっかくのチャンスが水の泡になります。

 

よくある失敗例

 

Before

久々に元カノと再会。居酒屋に入る。

男:元気?

女:元気だよ。あきらも元気そうだね。

男:まあ、ぼちぼちかな。

2人は黙る。男は女の子の体を見る。胸の膨らみが目立つセーターを着ている。

女:今日は、どうしたの?

男:まあ、どうしたってわけじゃないけど、あれからさ、仕事の方でいろいろあってさ、あの例の先輩居るじゃんか? 

女:三宅さん?

男:そう。三宅さんと喧嘩しちゃってね。もう仕事辞めてやろうと思ったくらいだよ。

女:でも、辞めてないんでしょ?

男:まあ、そりゃな。

女:辞めちゃ駄目だよ。簡単に。

男:分かっているよ。そんなにすぐ辞めるわけないだろ?

女:まあ、いいけど。

男はむっとして黙る。

男:けど、あれからちょっとは給料上がったんだぜ。

女:そうなんだ。すごいね。

男:だから、今度車買い替えようと思ってる? 新車かな。

女:また?

男:またって? 結構経ったよ。今の車。いいじゃん別に。関係ないから。

女:まあ、そうだけどね。

2人は黙る。料理が運ばれてくる。

男:(店員に)すみません。ビール適当に何本か持ってきて。

店員:かしこまりました。

女:え? そんな飲まないよ。今日。

男:いいじゃん。飲めよ。久々なんだから。

女:明日、実は早いの。

男:そうなの? 何で来たんだよ。なら。

女:なんで来たって何? せっかく呼ばれたから、会いに来たんだよ。何その言い方?

男:何その言い方って、なんだよ。明日休みじゃないの?

女:もう仕事変わったからね。

男:仕事変わったの?

女:うん。だから、明日早いんだよ。

男:何してんの? 今?

女:別に関係ないじゃん。

男:まあ、別にそうだけどさ。

2人は黙る。ビールの中瓶が3本ほど運ばれてくる。店員は一本だけ栓を開けて立ち去る。

男:頼んじゃったじゃんかよ。どうすんだよ。これ。

女:飲めばいいじゃん。

男:まあ、そうだけどさ

女:私、帰ろうかな。

男:は? 何言ってんの? 料理も頼んじゃったじゃんかよ。

女:もう、なんかうんざりだよ。すごい思い出した。いつも、こう。喧嘩になって。

男:お前が勝手に怒ってんじゃん。俺、冷静なんだけど。

女:それもむかつくんだよね。昔から、全然ぶつかってきてくれない。もう帰る。

男:は?

女:いくら置いていけばいいの?

男:いらねえよ。そんなの。

女:お金大丈夫なの?

男:なめんなよ。

女は財布から5千円を出して、机に置く。

男:なんだよ、これ。いらねえよ。

女:帰る。

男:ああ、うぜえ。

女:は?

男:じゃあ、帰れば。

女:は? なにそれ? せっかく来たんだよ。普通止めるでしょ?

男:止めたじゃんかよ。でも、お前が1人でなんか帰るとか騒いでいるだけじゃん。

女:ああ、もうむかつく。本当に帰る。

男:ああ、そう。ばいばい。おい、これ持って帰れよ。

男は5千円札を女に向かって投げる。

女:お金を投げるな。そんなことしているから、お金にだらしないんだよ。何にも変わってないじゃん。

男:給料上がってきたから、もう関係無いんだよ。

女:最悪。もう二度とメールしてこないでね。

男:はいはい。じゃあね。

女はお店を出る。男は黙ってビールを飲む。その後、2人分の料理が届き始める。

 

いかがですか? せっかく当たって砕けろで元カノを呼び出しても、昔のままの自分で再会をすれば、上述のようにまた喧嘩になってしまう可能性もあります

 

男は格好を付けたがる生き物ですから、元カノに対しても、自分が昔より少し男前になっているとアピールしたがります。そのアピールしたい気持ちが、いつもより男の口数を多くしてしまいます男が女よりも多く話し始めると、よほどトークに熟練しているプロフェッショナルでない限り、悪い方向へ傾きます

 

・  格好付けない

・  会話は彼女への質問を中心に

・  新鮮な優しさと持って接する

 

以上のポイントを守ってください。せっかく呼び出しても喧嘩になっては意味がありません。

 

・  傾聴

 

始まりにしてゴールであるトークの基本を、特に元カノのときは意識してやってみてください。

 

明日のための改善点

元カノの前で格好を付けようとする男のさがが、口数を多くする。元カノより自分が話している状態は危険信号。

 

After

久々に元カノと再会。居酒屋に入る。

男:元気?

女:元気だよ。あきらも元気そうだね。

男:まあ、ぼちぼちかな。

2人は黙る。男は女の子の体を見る。胸の膨らみが目立つセーターを着ている。

男:なんか、変わったことあった?

女:うん。まあ、特には無いかな。

男:そっか。

2人は黙る。

男:まあ、こんなこと言うと格好悪いけどさ、よくお前のこと、思い出してたよ。ふとしたときにね。

女:そうなの? 私のことなんて、きっぱり忘れているのかと思った。

男:まあ、女々しいけどな。お前のタオルとか、残ってるし。

女:捨てちゃっていいよ。

男:捨てられねえよ。なんか。

女:どうしたの? 何かあった?

男:うん。特に何かあったわけじゃないけど、何か、あのメール送った日さ、すごくお前に会いたかった。ごめんな。こんな話して。で、何しているかなって思ったんだ。

女は黙る。

女:実は、私もよくあきらのこと思い出してたよ。別れた直後はよくね。

男:そっか。

料理が運ばれてくる。

男:ねえ、お酒、今日飲めるのかな?

女:あ、あ。うん。大丈夫だよ。

男:明日は休み?

女:それがさ、明日朝から仕事なんだ。

男:え? そうなの? 何で?

女:うん。実は、仕事変わったんだ。

男:そうなの? 驚きだ。なんか、楽しそうに働いてたじゃん。

女:うん。だけどね。ちょっとトラブっちゃって。

男:大丈夫か?

女:うん。今はね。そのときはちょっときつかったけど。

男:連絡してくれば良かったのに。

女:私のこと忘れてると思ってたから。

男:まあ、俺のせいであんな風に終わったけどさ、もしもう怒ってないなら、時々近況を聞かせてよ。俺はその方が嬉しいから。

女:ありがとう。なんか、あきらちょっと丸くなったんじゃない?

男:そうかな。俺もいろいろあったな。あれから。まあ、まだまだだ。もっと頑張らなきゃ。

女:あきらなら頑張れるよ。

男:ありがとな。なら、お酒頼むよ。

女:うん

男:(店員に)すみません。ビール、瓶でください。コップ2つで。

店員:かしこまりました。

2人は黙る。

男:お前さ、なんかちょっと奇麗になったな。

女:何? 突然?

男:なんか、ちょっと息苦しいは。お前、奇麗になっているから。きっと、いい彼氏がいるんだろ? 今?

女:居ないよ。フリーだよ。

男:嘘だろ? やめようぜ、今日はもう、そういう駆け引き。

女:本当だよ。居ない。居ない。

男:本当に?

女:あきらは?

男:(笑って)俺は無理だろ。お前が一番知ってるじゃん。

女が笑う。お酒が運ばれてくる。

男:なあ、今日はちょっと悪いけど、酒付き合ってよ。

女:うん。飲もう。なんか、今日来て良かったな。

男:俺も、嬉しいよ。来てくれて。顔が見れたから。とりあえず、乾杯。

女:乾杯。

2人はビールのコップを合わせる。

 

なんかいい感じです。下手をしたらよりを戻しかねない雰囲気ですが、男性の態度が先ほどとは全く違っているとお分かりですか? 男性はよく質問をしていますし、何より格好付けていません。覚えておいてください。自分の格好悪い部分を思い切ってさらけだせば、それだけで2人の距離は一気に縮まります。言いにくい部分をあえて開示するからこそ、元彼氏と元彼女の2人にしか分かり合えない深い話に下りていけるのです。

 

まとめ

当たって砕けろで元カノに連絡をしてみる。誘いに乗ってくれたら、見えを張らず、相手の声に耳を傾けて、元彼氏、元彼女の2人にしか分かり合えない気持ちに下りていく。